コンビニのバイトをするならば知っておきたいこと3選

商品の位置や並びなどは把握しておくことが必要

コンビニでバイトをするならば、いろいろな大変さがあるので、それをあらかじめ知っておく必要があると言えるでしょう。代表的なところで言うならば、やはり店内の商品位置の把握です。どこに何があるか?というのは、お客さんから聞かれる可能性があるため、そういった部分については細かく認識してかないといけないのです。コンビニは店内が狭いので、そこまで覚えるのは難しくないとは思いますけど、こういう部分も大変なのは知っておきましょう。

レジ業務は多岐にわたるということ

コンビニのバイトというと、やはりレジでの業務は欠かせません。しかし、最近はコンビニで行えるサービスが増えてきたため、商品の購入以外の対応も必要になってきました。例えば、税金の支払いなどがそれに該当します。コンビニで税金が払えるというのは利用者にとっては便利ですが、店員はそういうところまで業務を事前に理解して、マニュアルを頭に入れておかないといけないとなります。事前にちゃんと対応の仕方を教えてくれるはずですから、心配はいらないと思いますよ。

時間帯によってはかなり忙しいときもある

いつも自分がコンビニを利用しているときはお客さんが少なくてあまり忙しそうに見えないとしても、それはその時間帯がたまたまお客さんが少ないというだけの可能性もあります。つまり、時間帯が変わると一気にお客さんが来てかなり仕事が忙しくなるということもあるので、コンビニのバイトを始めるときには自分が想像している以上に、お客さんが多く来ていて忙しい時間帯が存在しているということは知っておくと良いのではないでしょうか?

全国に50,000店を超えると言われているコンビニ。どこの街にでもあるので、コンビニのバイトは誰にでもはじめやすく、最近は外国人の方が働かれているのもよく目にします。