歯科医師の仕事って!?歯科医師の仕事を知ろう!

歯科医師とは医師とは違うの!?

歯科医師は医師である事には違いはないのですが、仕事内容は全く違います。医師は病気を治したり手術をしたりしますよね。歯科医師は虫歯の治療を行う事が主な仕事になります。歯科医師の免許があっても、無いかの診療をする事は出来ません。医師の免許があっても歯科治療を行う事は出来ません。全く分野が違うので、医学部で学んでいる内容も違います。今後医者を目指すのであれば歯科医師になりたいのか、内科や外科の医師になりたいのかを考えて進路を選びましょう。

総合病院で勤務する歯科医

歯科医師の仕事先は総合病院があります。いわゆる勤務医ですね。勤務医は総合病院だけではなく、開業した歯科医院で働くという方法もあります。総合病院で働くメリットは、一般のクリニックでは対応が出来ない様な歯科治療を行う事で技術が上達出来る事です。歯科クリニックで対応が出来ない虫歯治療の場合は総合病院の歯科に紹介状を書くためです。もう一つのメリットは給料が安定している事です。開業医の場合は患者の人数によって収入が左右されるのでリスクがあります。

歯科医院を開業したら!?

総合病院や歯科大学に勤務して経験を積んだ歯科医師は、開業をするという方法もあります。勤務医ではなくなるので人気がでるクリニックになるかは、自分の腕次第になります。人気の歯科医院になれば勤務医の頃とは比べ物にならないくらいの収入を得る事が出来ます。ただリスクもあります。人気が出ない場合には廃業してしまう可能性もあるので、開業するには慎重になりましょう。自分の技術もそうですが、開業する立地も大事です。歯科医院が多い土地に新たに開業するのはリスクがあるので避けたほうが無難でしょう。

歯科医師の求人の選び方をマスターするうえで、それぞれの医療機関で求められる人物像をチェックすることが大事です。