フランチャイズで成功!失敗したらどうする?

フランチャイズでの開業での重要点

フランチャイズを活用しようと考えたら重要な点があります。うまく活用できるかどうかという視点よりもむしろ重要なのが、どの会社をフランチャイザーとするかです。過去の事例をよく調べて、自分が起こしたいと考えている事業に合っているかを確認しましょう。フランチャイザーによって抱えているノウハウにも提供してもらえる流通経路などにも得手不得手があります。その選び方一つで成功するか失敗するかが変わってしまうほどに影響力が大きいのです。

失敗したときには契約破棄

うまくフランチャイザーを選んだつもりが事業がうまく行かずに失敗してしまう状況は予め想定しておくことが必要です。引き際をうまく見極められるかが開業して大失敗をしないために重要です。フランチャイズで失敗するというケースはそれほど珍しいものではありません。そのときに契約を破棄できるように、どのような状況で契約を解除できるかを確認しておきましょう。解除料がかからないようにフランチャイザーを選ぶのも思い切った廃業をしやすくする方法です。

別のフランチャイザーでさらに開業

開業して失敗したときにも痛切なほどの資金的なダメージを受けてしまわない限りは新たに事業を起こし直すことができる可能性があります。そのことも念頭に置いた引き際の見極めが大切です。フランチャイズ契約を破棄して、新たに自分の事業に即した別のフランチャイザーを探して事業を起こし直してみると良いでしょう。失敗の経験があると何が必要かがはっきりとわかり、より良い契約を提示しているフランチャイザーを選び出せるのです。

コンビニなどのフランチャイズで開業することのメリットは生存確率が非常に高いことです。ロイヤリティ支払いなどの負担はありますが、長く経営を続けられることは大きな魅力です。